インタビュー弁理士

古谷国際特許事務所

業務内容

大手光学機器メーカーを担当。
「特許権」や「実用新案権」の取得に向けて明細書を作成し、出願手続きを行っています。
また、知的財産権は、各国の法律によって国ごとに成立しているため、海外の特許庁の応答にも対応しています。

この仕事のやりがい

この仕事の醍醐味は新しい技術に触れることができるのはもちろん、
最新の法律や技術の知識を身につけていくことで成長できることです。
新商品が世の中に出た時に私自身がその商品の特許権の取得に関われたと思うと
感慨も一入です。
また、特許権の取得を通してお客様から評価されるようになることは、やりがいにつながります。

弊所を一言で表すと

プロ集団です。
この仕事は黒子的な役割ですが緻密さが要求される専門職です。
知的財産権の取得という視点から企業の発展をサポートするスペシャリストが集まっています。

プライベートの過ごし方

3ヶ月になる子供がいるため育児など家族サービスをしています。
また、この仕事はデスクワークが多いため週末はジムに通うなど体を動かして
気分転換を図っています。