企業理念

品質とスピードは、私たちの永遠の命題です。

知的財産権の中核を成す特許制度は、先願登録主義です。
世界初の優れた発明を完成させても、特許庁に出願手続しなければ独占権を得ることはできません。 
そして、同一の発明である場合、他人より1日でも遅ければ、その他人が特許権を取得してしまうことになるのです。
その意味で「スピ-ド」が要求されます。
また、特許権の出願手続で請求する権利の範囲が狭かったり、目の粗いザルのようであれば、
十分な独占権の行使ができなくなります。
その意味で「品質」の高い手続きが求められます。
「品質」を求めれば「スピード」が落ちます。
「スピ-ド」を求めれば乱雑になり「品質」が落ちます。
しかし、特許制度が先願登録主義である以上、品質とスピードは、私たちの永遠の命題なのです。
私たちは、発明者と対話し、発明の本質を見極め、点(本質)から面へ展開させ、
広くて強い権利を迅速に取得する仕事をしています。
ときには、発明者と共に悩み苦しみ、発明を完成に導くこともあります。
企業で生まれた新技術(知的財産)を世界中の国で護る。
そんな意義深い仕事を私たちは日々行っています。