中間処理業務

古谷国際特許事務所

中間処理業務

中間業務段階においては、出願から数年経っており、クライアントの事業方針、製品状況、技術動向、規格等が出願時と異なっていることが少なくありません。
そこで、私たちは、クライアントからそれらの現状を全てヒアリングし、必要な権利内容をタイムリーにとらえ、出願明細書の特許請求の範囲の再構築を試みます。
権利化すべき内容が確定した後は、早期審査制度や審査官面接を積極的に活用し、広い権利の早期権利化を目指します。